女性限定!メディオスター脱毛ならオススメのクリニック

ホーム > 脱毛の豆知識 > 永久脱毛をしても再び怪我生えてくるには理由がある

永久脱毛をしても再び怪我生えてくるには理由がある

 永久脱毛という言葉はよく聞きますが、本当に一生、毛が生えてこなくなるのかと半信半疑になる人もいるのではないでしょうか。また、脱毛してもまた毛が生えるのではと不安になる人もいるでしょう。死ぬまで全部の毛が生えてこない脱毛という意味ではありません。
 しかし、施術を行うことでほぼ永久的に生えてこない脱毛とは言えます。レーザー脱毛や光脱毛は、20年ほどの歴史しかなく50年後はどうなっているのかまだ、信ぴょう性がわからない脱毛方法です。
 では一体定義として永久に脱毛された状態とは何なのかというと、それは、米国電気脱毛協会の定義で定められています。脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合を指している場合が多いです。この定義を持ってするとレーザー脱毛も光脱毛も永久脱毛であると言えます。部位にもよりますが、レーザー脱毛、光脱毛、針脱毛の全ての脱毛方法を行った方のデータによると、2年ほどで脱毛の施術が終わります。
 そしてその後3年以上は全ての部位においてほぼ毛は生えてこないという方が多いです。4年ぐらいたつと、数本の毛が生えてくるというくらいの程度で、ほぼ生えてきていない方が多いようです。


 永久と謳っておきながら、毛が生えてくる原因にはどんな理由があるのでしょう。まず挙げられるのは、レーザー脱毛や光脱毛によって黒い色に反応させて処理した段階ではごく薄い産毛は残ってしまいます。
 この産毛が、後に黒いしっかりとした毛に変化することがあると言われています。特に摩擦をする事が多い部位は、肌を守ろうと産毛が濃い毛に変化しやすいです。次に考えられるのは、男性ホルモンが乱れることによって新たな毛の出現です。女性も男性も毛の濃さを調整しているのは男性ホルモンです。中年になってくると、男性ホルモンのバランスが乱れます。
 そしてそれが原因で体毛が濃くなったり、頭髪が薄くなったりすることは誰もがしっているでしょう。今まで毛が生えていなかった部位から毛が生えることがあります。
 そして3つめに挙げられるのは、毛周期の乱れによる毛の取り残しです。脱毛を行っている期間中に毛が生えてこないと、その下の細胞は処理できません。ストレスや生活習慣などで毛周期が乱れていると期間中に生えてこなかった毛が生えてくる場合があります。


 永久脱毛を行った場合でも数年たつと少しだけ毛が生えてくる可能性は、色々な理由が考えられ、一概に施術が下手であったとは言えません。ただ、その場合に将来の事も考えて、アフターフォローをしてもらえ脱毛店舗を選んでおくことが大切でしょう。
 また、レーザーや光脱毛で抜け残った毛は、色素が薄かったり、熱に強かったりする毛が多いです。再発しやすい部位は、針脱毛を行えば、より永久脱毛の効果を実感出来るでしょう。結果的には、殆どの毛は薄くなり、気にならなくなります。もし仮に数年たって生えてきた場合にも、少しの処理を行うだけで大丈夫ですので心配せず脱毛を受けると良いでしょう。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る